続・俺とユリア。

ユリアのためにインドまで行った。
魅惑の香を求めて・・・。
命がけの旅だった・・・。コショウもまた燃えた・・・。

なのに、ユリアは心のすべてを俺に開くことはなかった。
そう、俺は負け犬だ・・・。
幸せは近くに見えるようで、遥か遠くにあるものだった。
(どうも、生態調査のできる男が好みみたいですぞ、この娘は)

うなだれもしたし、泣いたりもしたけど、ようやく前を向いて歩けそうです。
というわけで、今度はマルセイユのイレーヌと人生を歩みたいと思いますw

下の画像は失意状態の私と目のあった酒場の客が
話しかけてきたところを冷たくあしらった私です。

d0002887_361548.jpg

[PR]
# by busk01 | 2005-03-18 03:07

俺とユリア。

前々回に書きましたが、私の高尚な趣味の一つに
「口説き」があります。
港ごとに女がいるのが正しい船乗りだという間違った認識に
忠実に行動してきましたw

しかし、今日ついにそんな不埒な私に終止符が打たれる時が来ました。
その終止符を打つ人の名はユリア。アレクサンドリアの酒場女でした。
ユリアはいつものように酒を飲みすぎたり、
水たばこを吸いすぎたりする私を心配してくれました。
そんな日常茶飯事のことを繰り返し、たまのプレゼントに喜ぶユリアを
ふと見たときに何かが心の中を走ったのです!

・・・気がつけば私はタンバリンと香水を持って走っていました。
しかし、他の商館員に「安物の香水」と指摘され、目からうろこが落ちました。

・・・気がつけばアラビアンシューズを持って走っていましたw
そして、気がつけば口説きスキルはランク3になっていました。

さらに気がつけば下の画像のようになっていました。
幸せはもうすぐです。

d0002887_2425163.jpg

[PR]
# by busk01 | 2005-03-17 02:44

ジョニーと私。

予告したとおり、今回は
私の右腕、筆頭船員にして副官のジョニーの紹介をします。

ぶっちゃけると、今のジョニーは3代目です。
私の副官は代々「ジョニー」なのです。
(MGS3をプレイした人は、ちょっとニヤッとする)

初代は、ロンドン沖で嵐に飲み込まれました。
2代目はカリブ海に行こうとしてニューヨーク沖で迷い、
ジョニーを含め船員全員が餓死しました。
そのとき、救命具で拾った一人の船員(漂流者だったので、最初はMr.アメリカと呼称)が今の3代目です。

ジョニーは船員たちをまとめあげ、
いつも酒宴をしては船員を混乱させる船長に代わって
実務面をこなしてくれています。

しかしながら、ジョニーには現在疑いがかかっています。
インドからの帰りに火災に遭った時、コショウが30樽燃えました。
そのときに燃えてないものまで「おー、真っ黒な灰に」とか言って
ジョニーが捨てたのじゃないかとの疑いです。
じゃないと、すぐ消火したのに30樽も燃えるかよ!
おい、聞いてんのか!ジョニー!!


下の画像はジョニーと私と船員たちの愛すべき船です。
d0002887_1291667.jpg

[PR]
# by busk01 | 2005-03-16 12:12

自己紹介

改めましてキャラクターの自己紹介をば。

名前:クロガネーゼ
職業:発掘家、ベーグル教信徒
趣味:調理、口説き
目標:宣教師になる(もしくは司祭)

とまあ、こんな具合です。開錠が優遇でなくなるので、
宣教師になるのはもっと先のことになりそうですが・・・。

次回は、わが船の猛者どもを取りまとめてくれる
私の右腕、筆頭船員にして副官のジョニーについて紹介したいと思いますw
d0002887_8225174.jpg

[PR]
# by busk01 | 2005-03-15 08:23

今更ながら

もう大航海時代onlineプレオープンも2週間以上経ち、
正式サービスも始まろうかというときですが、プレイ日記開始ですw

私の分身たる、ベーグル教信徒ことイスパニアの発掘調理人こと
クロガネーゼももう軌道に乗ってしまっていますが、とにかく今日から開始です。

というわけで、温かい目で見守ってやってくださいましね。

ベーグル万歳^^
d0002887_210124.jpg

[PR]
# by busk01 | 2005-03-14 02:12