グルメツアー 第2話 ~終わりと始まり~

グルメツアーの話の続きです。
欧州はジェノヴァにやってきました。
かわいい女の子に美味しい料理に出会えるでしょうか?
d0002887_0375290.jpg

クロガネーゼ船長、はやくもピンチです。
問題を聞く前にシンキングタイムですwww

ま、そういった困難を乗り越え、
無事に地中海グルメツアーも終えることが出来ました。

以下、ハイライトで送るグルメツアー<地中海編>です。
d0002887_0403869.jpg
d0002887_0404848.jpg
d0002887_0405739.jpg
d0002887_04151.jpg

次はアフリカツアーにエントリーしてさっそく出発です!

船員A(以下、A)「今度はアフリカだってよ。グルメツアー。」

船員B(以下、B)「うまいものはともかくよ、いい女はいるのかね?船長の目的はそれだろ?」

A「ん、ああ、そうだなー。俺的には色の白い線の細い女の子が好きだなー。エマさんみたいな、よ。」

B「俺もアフリカの娘ってのは苦手だなー。凛とした気品のある女の子、たとえばナターシャ副官みたいな人はいそうにないしなー。」

クロガネーゼ(以下、ク)「バカだなお前ら。だから、いつまでもジョニーの下なんだよ」

A&B「せ、船長ッ!」

ク「いいか?お前らの言ってることは女性の内面に左右されることじゃないだろ?女性は内から輝く美しさを愛でるものなのさ。わかるか?」

A「へぇ・・・。さっきジョニーさんの下と言いやしたけど、ジョニーさんはどうなんでやすか?」

ク「あいつは俺と付き合いが長いからな。未知の女性との出会いが楽しみみたいだぞ。会ってみないとわからないからな、女性の良さってのは。お前らも少しは見習え。お、噂をすれば、だ。見ろ。」

左舷の縁にもたれている3人の前を
なにやら上の空でニヤニヤしながらジョニーが横切っていく。

A&B「おお!ジョニーさん、楽しみなせいか嬉しそうになんか独り言言ってるぞ!」

ジョニー「今度はアフリカかぁ。楽しみでさぁ。ケープも行くのかなぁ。アリデスおばちゃんとこの娘さんは、確か12でさぁね。・・・会えるといいなぁ。あ!でも、あっしのカルロータちゃんを裏切るわけにはいかねえでさぁ!・・・カルロータちゃんにも久しく会ってねぇでさぁ・・・」

ク&A&B「(と、遠い国の人だー!)」

クロガネーゼと船員A、Bは一度目を合わせると一言も交わさずに
持ち場へと戻っていった・・・。


さて、気を取り直して、セビリアにてエントリーです。
受付係の娘の組んだ腕、ウェーブした髪、凛とした表情がたまりません。
d0002887_0411385.jpg

現在、カサブランカやマディラ、アビジャン等を経由し、ベンゲラ寄港中です。

以下、ハイライトで送るここまでのグルメツアー<アフリカ編>です。
d0002887_0412121.jpg
d0002887_0413676.jpg
d0002887_0414529.jpg


周囲の評判とは裏腹に、
クロガネーゼ船長がやる気マンマンのグルメツアーは
第3話へと続くのでした。
[PR]
by busk01 | 2006-11-30 01:10
<< グルメツアー 最終話 ~「究極... 因果応報。 >>